東進衛生予備校のチューター経験からわかったこと

東進のチューターの役割

私は2014年から2016年までの2年間東進衛生予備校でチューターをしていました。

チューターとして行っていた主な業務は、東進の授業を見てわからなかったことがあった時に「質問対応」と「週間面談の進行」と「テスト監督」です。

東進は基本的にパソコンで授業を見ながらノートを取る形式なのですが、映像なので授業途中で質問が一切できません。

わからないことはネット経由で本部に質問もできるのですが、ちょっとしたことでいちいち連絡していると面倒です。

そのためどうしても授業中にわからないことが出てきた時にチューターが直接指導する必要が出てきます。

 

あと意外と多かったのが、「映像授業の講師がわかりにくい」ということです。

映像授業の講師は有名な人ばかりなのですが、生徒との相性がかなり関係するようで、わかりやすいと評判の講師でも「わからない」という生徒ももちろんいました。

東進は契約する前に体験授業を受けて決めているので、途中で講師を変えることができません。

そのため、わからない時に教えてくれるチューターがいないとかなりまずい状態になります。

 

東進の授業内容

私は英語と現代文と古典の質問対応に当たる文系のチューターでしたが、他のチューターは大学生のアルバイトが多くて、基本的には数学や物理、化学などの質問対応をする理系の人が多かったです。

生徒からの質問も英語、数学、化学、物理がメインで、あとは、高校の中間や期末などの定期考査の期間に入ると学校の教材を持ってきて質問する生徒もいました。

週間面談では高2の学生5人1グループを担当していましたが、授業の進行状況や学校の話、受験に関する情報などを30分程度話し合っていました。

 

他には「向上得点マラソン」と言って、授業の最後に行われるテストで良い点数を取るともらえる向上点数をグループごと、各東進の校舎ごとで競うというイベントがあるのですが、その目標や今週の結果についてフィードバックして次の目標を立ててもらっていました。

週間面談後に話し合った内容や気になったことは、教室長に伝えて指示を仰いでいました。

例えば、授業がなかなか進んでいない生徒には個別にいつ来るかの確認をしたり、声掛けの回数を増やしたりなどです。

 

土日は東進衛生予備校でよくテストが行われるのですが、そのテスト監督もよくしていました。

朝9時ごろスタートのものもあれば13時頃からスタートするものもありましたが、やはり高3対象のテストが多かったです。

試験監督はマークシートや問題冊子などを配布し、静かに監督し、テスト終了後に集めた答案をまとめる作業があるだけでした。

主な仕事はこれくらいですが、細かいところで言うとパソコンの操作の指導や、1対1で受験の相談に乗ったり、教室長の指示があればチラシ折りなども手伝っていました。

チューターの仕事はおそらくどこの東進でもこれくらいだと思います。

 

東進の特徴

あと東進そのものについてですが、私がチューターをしていた東進は駅近ではなかったので、比較的近い高校から通ってくる生徒がメインでお互いに知り合い、友達が多かったです

他の東進は1校舎100人以上もいるところがあるようだったのですが、私が働いていた東進は生徒の数も1学年20人程度とあまり多くない印象でした。

でも、その分1人1人と会話する機会が多くすぐに全員の名前と顔を覚えることができたので良かったです。

 

東進で働く前までは、「東進はすべて同じ会社が経営している」と思っていたのですが、実際は地域の塾が経営しているフランチャイズで、東進ごとにいろいろと個性があるみたいです。

私が働いていた東進を経営していたのは地域では4番目くらいの規模の塾ですが、他の大手塾が経営している東進に比べると開校日が少なく、生徒からも「なんでこの日開いてないの」と言われることもあり、少し申し訳ない気持ちになることもありました。

ただ、できたばかりの校舎だったので施設は非常にきれいでそのあたりは生徒からも好評でした。

他にもいろいろ差があるようで、週間面談も行っている校舎もあれば行っていない校舎もあるようです。

どこの東進でも同じなのは「授業の受け方」「授業内容」「テスト」などのコンテンツ部分だけで、教室長の指導方針、やり方次第で校舎の雰囲気はかなり違うようでした。

 

チューターも有名大学の医学部、薬学部などのアルバイトが入る校舎もあれば、そうでないところもあるので質問対応に十分対応可能かも校舎によって違うと思います。

私が働いていた校舎では教室長と合うか合わないかで、途中からあまり校舎に来なくなった生徒もいましたし、逆に私たちチューターと仲良くなって頻繁に校舎に顔を出すようになった生徒もいたので、東進を選ぶ際にはそのあたりの相性も見る方が良いと思います。

大学受験対策で東進を選ぼうと考えている人は、校舎によっていろいろと個性があるということを頭に入れておいたほうが良いです。

学校の質問もしたいのであればチューターの実力がないと難しいですし、コンテンツだけでなく校舎の雰囲気や指導方針や教室長の人柄などをしっかり見た上で通うかどうかを決めるべきだと思います。

東進MSG 評判より

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.