ブラックフォーマルと喪服は一緒?

ブラックフォーマルというと、喪服とイメージする方が多くいますが厳密には違います。

日本では冠婚葬祭の際に礼服を着ます。

そしてその際に着る黒色の礼服を総称して喪服と言うのです。

つまり、喪服として利用できるブラックフォーマルもありますが、全ての黒の礼服が喪服と言うわけではないのです。

では、具体的にどのような違いがあるのかと言うと、男性の場合は特に違いはなく、ネクタイを白や黒に変えることで様々な冠婚葬祭に使うことができます。

しかし、女性の場合は慶事用、弔事用として分かれているものもあります。

そもそも、喪服とは葬儀や通夜などの弔事の際に着る礼服のことです。

その服を慶事の際に着ることはあまりありません。

女性の場合は、ワンピースやアンサンブル、黒のスーツを着ることが一般的とされています。

しかし、例えば一般参加者として弔事に行く場合は、ブラックフォーマルを喪服として利用しても大丈夫です。

しかし、その際に気をつけなければいけないのは、デザインや素材です。

黒でも華やかなデザインのものは弔事用としては向きません。

また、素材もサテンのように光沢感が強いものは向きません。

しかし、最近は「ハレの日にもお葬式にも着ていける」というブラックフォーマルもあります。

これなら、合わせる小物を変えることによりどちらにも利用することができます。

そして礼服で大切なのは色合いです。

黒と一言にいってもその種類は様々で薄いものから漆黒のものまであります。

どれも礼服としては使えますが、弔事の際に着るのは漆黒です。

そして、慶事の際はどんな黒でも良いのですが、ハレの席なのでなるべく明るい雰囲気のものを着ることをおすすめします。

刺繍やレースが入っていたり、生地感が軽いものであったり、全体の雰囲気が重くならないようにすると、黒でもハレの日にふさわしいスタイルになります。

そして弔事でも使えるフォーマルスーツやワンピースを着用する場合は、明るいコサージュを付けたりアクセサリーや小物で華やかさを加えると、慶事でも違和感なく使うことができます。

このように喪服とはブラックフォーマルの一つですが、フォーマルスーツの中には色合いやデザインによって弔事に合わないものもあります。

そのため、購入する際は着用する機会を考慮した上で選ぶことをおすすめします。

そしてどちらにも使えるものを購入する場合は、実際に使う時に小物などで雰囲気を変えることをおすすめします。

■ブラックフォーマルを上手に選ぶ

冠婚葬祭に着ていくことができるふさわしい礼服を購入したいと思う場合、いったいどのような点に注意したらよいのでしょうか。

まず、是非とも覚えてきたい一つの重要なポイントは、弔事の際に着用する喪服と、一般にブラックフォーマルと呼ばれているものの間には多少の違いがあるという点でしょう。

こうした違いを十分に理解した上で、その場その場にふさわしいものを選ぶことができます。

基本的に言って、男性の場合は、喪服とブラックフォーマルにそれほど大きな違いはなく、慶弔事用の礼服として着用することができると言われています。

つまり、結婚式などの慶事であればネクタイを白色にし、葬式などの弔事であればネクタイを黒色にして着用できるというわけです。

しかし、一つ注意しておきたい点は、男性のブラックフォーマルとして販売されているスーツがすべて弔事用としてふさわしいわけではないということです。

中には、黒色の濃淡の違いのため、弔事にはふさわしくないと判断されるものもあるからです。

基本的に言って、弔事用の喪服としてふさわしい黒色は漆黒で、しっかりした深くて濃い黒色です。

それで、弔事用のスーツを購入したいと思うなら、浅い黒色のものではなく、しっかりした漆黒のスーツを選ぶことができるでしょう。

では、女性の場合はどうでしょうか。

一般に女性用のブラックフォーマルの中には、慶事用の礼服もあれば弔事用の礼服もあると言われています。

そのため、その場に合ったふさわしいものを選ぶためには、やはり十分の注意が必要なのです。

例えば、慶事用のワンピースやスーツであれば、生地そのものの雰囲気が喪服ほど重くないシフォンやサテンといった素材を選ぶこともできるでしょう。

刺しゅう入りのものなど、デザイン性の高いものを選ぶのもよいでしょう。

それらの礼服にアクセサリーやコサージュなどをつけて着用するなら、結婚式などのおめでたい席でも十分に華やかな雰囲気を醸し出すことができるでしょう。

しかし、弔事用としてブラックフォーマルを選ぶ際には、礼服の素材やデザインに十分注意することが必要です。

例えば、喪服として着用するのであれば、光沢のない黒色の無地を選ぶのが基本的なマナーと言えるでしょう。

礼服のデザインに関しても、できるだけ肌の露出を控えた慎み深いデザインにするのが基本です。

そのためスカートの丈は短すぎず、膝下丈のものにするなど、細かい点にも注意して選ぶことができるでしょう。

※「通販で購入するブラックフォーマルの試着や返品はできる?」より一部抜粋

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.