川中商事の居酒屋でアルバイト

居酒屋のマナーについて

居酒屋ではお酒で酔っ払ったお客とも接客するため、アルバイトであっても店員はマナーをしっかり抑えなければなりません。

お酒が入って気分が良いところにマナーのなっていない店員が来れば、お客は楽しい気分が台無しになって二度と来店しなくなることもあります。

居酒屋の数は非常に多いので、他の店にお客を取られないようにするためにも接客スキルは磨いておくのが良いです。

特に川中商事が運営している大手居酒屋は働きやすく、どの店舗も駅近にあるので個人的におすすめです。

接客の基本は挨拶です。

カフェのようにおしゃれな雰囲気を大事にしているわけでもないので、大きな声で「いらっしゃいませ」と「ありがとうございました」と言います。

初めて接客業をする人は注文の仕方などで不慣れな点が目立ちます。

しかし挨拶さえ元気よくしていれば、お客も優しい目で見守ってくれます。

他のお客の声で騒がしい店内で店員が小さな声しか出していない方が不自然に見られます。

緊張していると表情が硬くなりやすいですが、怒っているとお客に勘違いされてしまいます。

大きな声で挨拶することだけに集中しないで、笑顔もキープできるように練習します。

食事の基本的なマナー

食事の基本的なマナーでは、食器を下げることは禁止です。

しかしお酒をたくさん注文するテーブルでは空いたグラスで一杯になります。

また最初におつまみをまとめて注文するテーブルも多いです。

その場合、途中で食器を片付けないと新しく持ってきたグラスや皿を載せることができません。

他のテーブルで接客をしながら、空いた食器が増えたテーブルがないかチェックします。

勝手に下げるのは失礼なので、一言かけるようにします。

食器を下げる時に新しい注文をする場合も多いので、スマートに対応できるように事前に準備をしておくと良いです。

居酒屋に限らず接客業にはクレームがつきものです。

クレームを恐れてお客との関わりを避けていると、気配りもできなくなり居心地が悪い店になります。

自分が失敗をしてお客がクレームを入れる事態となったら、正直に謝ります。

お客に非がある時も最初に謝ることで、お客の思考を冷静にさせることが可能です。

誤っても事態が落ち着かない時は責任者を呼び、対応してもらいます。

中には難癖を付ける悪質クレーマーもいますが、不快な気分になっても顔に出さないのが得策です。

悪質クレーマーのほとんどは責任者も把握しているので、困ったことがあれば周囲の人に助けを求めます。

悪質クレーマーはアルバイト店員であっても容赦なく責め立てます。

その場しのぎの対応をしても次々と要求がエスカレートするので、一言謝った後で責任者に報告するようにします。

正当な理由でクレームが来たとしても、接客業に携わっていれば珍しくはないので落ち込まず次につなげられるように改善していきます。

失敗を繰り返すことで、お客が必要とするサービスを提供できるようになります。
さらに居酒屋ではいくつかの専門用語が使われているため、店員同士がスムーズに業務連絡するために覚えておくことも大切です。

専門用語にも違いがある

チップは欧米で従業員に渡すお金とは異なる使われ方をしています。

居酒屋におけるチップはグラスや皿が欠けていることを指します。

店員が気づかずにお客に出してしまうと、お客が怪我をする原因となるので注意します。

欧米での使い方でチップをテーブルに置いていく外国人のお客もいますが、ほとんどの場合お金は返すことになります。

お客は店員にあげたつもりでも、就業規則ではチップをもらったことを責任者に報告しなければなりません。

食事代に店員のサービス料金も入っているため、プラスでお金は受け取らない方針の店が多いです。

チップを返すのに店を出たお客のところまで駆けつけるといった面倒なことになります。

食器を下げることはバッシングと呼ばれます。

周りから「そこのテーブルにバッシングに行って」と指示される前に、自分で気を利かせて行くことを目標にします。

アイドルは暇な時間の時に使われます。

ただし居酒屋は様々な客層が集まるので、暇な時間が訪れにくいです。

仕事終わりのサラリーマンや大学生の飲み会など、来店する時間が予想できません。

他の飲食店ではいつも決まった時間帯にアイドルタイムがやってくるので、新人への教育や清掃など有意義に使うことができます。

アイドルタイムが不定期な場合は休憩するなど簡単なことしかできないのが一般的です。

開店してから夜7時までの間と終電が終わって閉店するまでの間は、比較的お客が少ないとされますがアイドルタイムはあてにしないのが良いです。

「三番行ってきました」と言った店員がいたら、それはトイレ掃除やトイレットペーパーの補充をしてきたと認識します。

食事をする場所なので、トイレという単語をお客に聞こえる場所で言うのを避けています。

三という数字は店によって違うことがありますが、飲食店ではトイレを三番と表現することが多いです。

トイレの他にもゴミ回収業者なども番号で言い合うことがあるので、それぞれの数字を覚えます。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.