長崎材木店と考える良い家の条件

長崎材木店がつくる住宅

長崎材木店は良い家の条件を考えています。

良い家の条件は新築の時点だけでは決まりません。

最低でも、建築後、50年以上経た後でなければ、良い家の条件は見つかりません。

良い家は建築後、50年を経た時点でどれだけの機能を維持しているかで判別できます。

大手住宅メーカーのつくる住宅の中には50年後に建っているかどうかわからない住宅もあります。

特に高温多湿の日本の気候風土では、湿気に弱い建物は、長期間性能を維持するのが難しくなります。

2×4工法は合板でつくるパネルが構造体の建物です。

建築時点では高い耐震性を見せる工法ですが、湿気で痛みやすい工法でもあります。

条件によっては、50年より前に、構造体としての寿命がきてしまいます。

軽量鉄骨プレハブ工法も、華奢な工法です。

とても長い年月を、同じ状態で維持できる構造ではありません。

長崎材木店がつくる住宅は、木造在来工法です。

木造在来工法は、柱を立てて、梁と桁を架け渡す、日本に伝統的に伝わる工法です。

柱と柱の間を開放することができ、風通しの良い家をつくることができます。

そのために湿気が溜まらず、構造体を長持ちさせることができます。

木は鉄骨のように錆びることもありません。

使い方を誤らなければ、何百年も使い続けることのできる材料です。

構造が長期間持つのは、住宅としての最低限の条件です。

長持ちするには、構造体以外にも屋根の材質が重要です。

長持ちする屋根材は、本瓦や天然スレート、銅板などがあります。

構造体と屋根に耐久性があれば、良い住宅の最低限の条件が整います。

構造的なものだけではない良い家の条件

良い家の条件は、構造的なものだけではありません。

50年を経た時点で、美しさが持続しているかどうかも問題です。

良い家は、古くなっても輝きを増します。

古びるとは、日本人のもつ美的観念を表します。

自然素材は、材料に加工された時には新鮮な美しさをだし、年月を経ても別の美しさが顔をだします。

いぶし瓦は始めは銀色に輝きますが、年月を経て、黒光りします。

どちらも、違った美しさを楽しむことができます。

無垢のフローリングは、張られた時点では新鮮な美しさが際立ちます。

使い続けるうちに、渋みが増し、別の美しさが目立ってきます。

良い材料は年月を経ても、美しさを保ちます。

現代の新建材でつくられた家は、新築時点が最もきれいで、年月を経るに従って、一方的に美観が低下します。

構造体や機能をそれなりに維持したとしても、美観上、そのままの存続が難しくなります。

長崎材木店は、年月を経ても、別の美しさを現す家をつくります。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.