アンドモワ株式会社の飲食店で食事を楽しみました

大学を卒業してから就職し、いわゆる都会と呼ばれる場所で暮らしてきました。

都会にはショッピングセンターや学校、病院が沢山備わっているので、生活しやすい場所でした。

特に子育てをしているときは、子供が熱を出したらすぐに診てもらえる病院に連れていくことができましたし、子供が進学する学校の選択肢が広がるという良い面が沢山ありました。

通勤や通学をするときにも交通網が発達しているのでとても便利で、都会暮らしには何の不満もありませんでした。

しかし定年退職をしてからは、もっとゆっくりした生活がしたいと考えるようになりました。

家庭菜園をして野菜を作ったり、美しい花を眺めて、時間があるときは読書をしたり昼寝をするという生活に憧れるようになりました。

若いときは田舎暮らしには何も興味を持ちませんでしたが、歳を重ねるうちに緑が恋しくなりました。

妻と話し合った結果、妻も田舎暮らしを楽しみたいというので、思い切って都会から田舎へ移住することにしました。

住んでいた家を引き払って、田舎で土地付きの中古一戸建てを購入し、本格的な田舎くらいをすることにしました。

本当に田舎の地域に引越したので、コンビニも車で30分ほど走らせたところにしかありませんし、飲食店などもほとんどありません。

ただ田舎暮らしを始めたことで、太陽が出ると同時に起床して沈むと同時に寝るという、健康的な生活をするようになりました。

家庭菜園は初心者でしたが、同じように都会から移住者の協力をしてもらったこともあり、想像以上に上手に野菜を作ることができました。

自分の畑で作った野菜やおすそ分けしてもらった採りたての野菜を食べるようになったので、野菜を中心とした食事をとるようになりました。

採りたて野菜のおいしさに感動を覚えていましたが、半年もするうちに、たまに都会が懐かしく感じることがありました。

都会には子供たちが住んでいるので、都会に行ったときは子どもたちの家に泊まることができますから、都会の風にあたりたくなったときは上京することにしました。

久しぶりに会った子供たちの近況を報告してもらい、久しぶりにおいしい外食をしたいということになったので、アンドモワ株式会社の飲食店に行くことにしました。

都会に住んでいたころからアンドモワ株式会社がプロデュースしている飲食店にはよくお世話になっていました。

揚げ物から煮物、鍋まであらゆるジャンルの料理を楽しむことができるので、少し贅沢をしておいしいものを食べたいときには食べに行っていました。

妻が歳を重ねてから膝をいためるようになったのですが、アンドモワ株式会社の飲食店は掘りごたつ仕様になっている部屋もあるので、いつもそこを利用していました。

膝に負担をかけることなく座れるので、おいしい料理を満喫することができます。

都会を満喫したら、再び田舎が懐かしくなってくるので、これからは都会と田舎の半々の生活を楽しみたいと考えています。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.