鈴木氏曰く、良い美容室の見分け方

行きつけの美容室が見つからないという人も多いでしょう。
クーポンマガジンなどを利用して、新規特典の割引でお得になるように毎回美容室を変えている人もいるでしょう。
しかし、実は毎回美容室を変えているのは反対に不経済になっている場合があります。

まず人の髪の毛というのは一人一人生え癖や、毛質の癖などがあります。
そのためカラーの入り具合や、パーマのかかり具合には個人差があり、その差を時間や薬を調節して仕上げていくのが美容師の仕事です。
市販のカラー剤を使用して、見本色通りの色にならなかったり、友達と同じものを使ったはずなのに仕上がりの色が微妙に違っているのはこのためです。

この髪の毛の癖は1回見ただけでは見極められない場合があります。
そのため、初めて行く美容室ではある程度の自分の癖などを説明しておくとよりスムーズですが、意外と思いとおりにならなかったり、家に帰ってから再現が難しかったりします。

これに対して、行きつけの美容室となると、担当の美容師が髪の毛の癖を把握しておいてくれるので、カラーやパーマの仕上がりが理想に近くなります。

また生え癖などを理解している美容師の場合、それに合わせたカットをしてくれるので、家に帰ってから再現しやすく、また伸びてきてもまとまりやすい髪形にしてくれるというメリットがあります。

安さを求めて新規のお店にばかり行っていると、なかなか髪の毛の癖にあわせたカットなどはしてもらえないので、少し伸びてきたらまた美容室へ行かなくてはならなくなったり、まとまりにくくなってしまうので反対に不経済となる場合があります。

またクーポンなどで安くカットが出来る場合、新人が担当することが多いので技術力が未熟な場合も多くあります。
なかなかイメージが伝わらなかったり、思いのほか時間が掛かったりということもあるので、注意しましょう。

価格にばかりとらわれずに、お店の雰囲気や美容師のスタイリングで選ぶと良いでしょう。

 

 

スポンサードリンク
鈴木貞一郎

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.