ウォーターサーバーを比較検討してみる

クリニックをはじめ、各家庭でも広がりを見せているのがウォーターサーバーで、初めて利用する場合にはメーカーをはじめ、水・サーバー・料金など、様々な項目から比較・検討し、自身の家庭にもっとも最適なウォーターサーバーを選ぶのが望ましく、比較の対象には水を入れている容器であるボトルも対象となります。

様々なメーカーが参入しているのも特徴で、ボトルには配達スタッフが回収し再利用できるリターナブルボトルと、使い捨てボトルの2種類が提供されていることが多く、リターナブルボトルはエコにも繋がりますし、料金のコストダウンにも繋がる魅力があります。

使い捨てボトルは軟質ペット素材を使用してあり、使用後にコンパクトにつぶせるのが特徴で、水の減少とともにボトル内に圧力が掛かり、空気がボトル内に入りにくくなるので、雑菌繁殖の心配がなく、衛生的なのが魅力に繋がっています。

ボトルで比較する時には、リーズナブルな料金でサーバーが使えて再利用できるボトルを選ぶのか・飲み終わった後にコンパクトにたためて場所を取らないボトルを選ぶのかで検討するのが最大のポイントになります。

中でも、使い捨てボトルで人気を集めているウォーターサーバーは、天然水の美味しさでも定評があり、数百年という長い年月をかけてろ過された雪解け天然水を採用していて、採水地は標高1000m・地下273mから採水されていて、ろ過・加熱殺菌を行っていないことから、本来の自然なお水を堪能することができます。

お水で他社のウォーターサーバーと比較した場合、非加熱処理のこのサーバーは鮮度に優れていて、純水を選びたい方から支持されています。さらにサーバー本体の機能も魅力的で、サーバー内部を温水が循環して自動でクリーニングしてくれます。

さらに部屋の明るさを自動で感知し、サーバーを使用しない夜間などの使用電力を大幅にカットしてくれます。
サーバー本体のカラーは、お部屋の雰囲気に合わせて選べるのも魅力で、ホワイト・ブラック・パールピンクの3カラーがあり、床置き型・卓上型からも好みで選ぶことができます。

もちろん、サーバーレンタル料金も無料で、幅広い世帯で利用されているサーバーの1つです。

 

広告
http://waterserver.pw/

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.