ランドセルの思い入れ

最近テレビコマーシャルなどで、ランドセルのコマーシャルを見かける頻度が増えました。

もう今年もそういう時期なのかと月日の速さに驚きです。

特に新入学時期の小学生になりたての子供がランドルを重そうにせおっている姿をみると微笑ましくもあり、せつなさくもありあます。

せつなくなるという表現は少し違うのかもしれません。

適当な言葉というと、感慨深い?というべきでしょうか?胸いっぱいの嬉しいという感情でしょうか?

うちはなかなか子宝にめぐまれなかったので、長らく子供に恵まれるまでの間、もしも子供できたら、子供とこんな事、あんな事をしょうという思いれがたくさんあったのです。

子供をだっこしている姿やベビーカーを押している自分を想像したり、少し大きくなってからの子供の運動会や参観などの学校行司に参加している所を想像してみたり妄想だけは膨らみました。

ですので、子供をさずかった時やだっこした時など自分の想像していた姿と重なって感無量でした。

当然を大きなランドセルを背負う子供の姿も想像した事もあるので、現実にそのような姿を自分の目にした時はとても感動で言葉にできないくらいの喜びでした。

また、6年間という短くはない時間をいつも子供とともにしてくれたランドセルは子供と同様にいとおしくて尊い存在です。

私と同じ様な思いをもっている親御さんも多いと思います。

背負っている子供以上に親の方が思い入れが深いランドセルを背負うべく新一年生がもうすぐ誕生しますね。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.