上手なランドセルの選び方

私が子供の頃はランドセルというとまず色は赤か黒しかなくあとはせいぜい本革か合皮位だったと思いますが、最近はカラフルな色そして様々な機能や趣向のランドセルが販売されていますので選ぶのも一苦労だと思います。

一番大事な事はお子様が6年間使い続けることができるランドセルを選ぶことではないでしょうか。

ですので見た目などだけではなくお子様の成長を想像しながら長く使えて、飽きがこなく使い勝手が良いランドセルを選ぶことが大事と言えますね。

そこでまずランドセルの耐久性を考える必要があります。

6年間ほとんど毎日使い続けるわけですので丈夫で長持ちするランドセルを選ぶ必要があります。

6年間の無料保証を付けているメーカーもあるのでこういった保証がついているメーカーから購入するのも一考に値します。

ランドセルを選ぶのは小学校に入学前ですのでお子様は機能や使い勝手よりも見た目の華やかさや色などを重視するかもしれません。

ですので親御さんが6年間を見据えて6年間飽きることなく使い続けられるランドセルを選ぶ必要があるでしょう。

ランドセルの耐久性や使い勝手を考える際にはその素材にこだわることも大事です。

大きく人工の皮で出来た人工皮革のランドセルと天然の皮で出来た天然皮革のランドセルがあります。

人工皮革は雨に強く軽量なのが特長で天然皮革は丈夫なことが特長です。

どちらにも一長一短ありますが男の子は走り回ったりランドセルを乱暴に扱ったりする事も考えられるので男の子には天然皮革のランドセルを、そして女の子には軽い人工皮革のランドセルを選ぶのが良いのではないでしょうか。

ランドセルを選ぶ際にはデザインや色もさることながらこれまで述べてきましたように、耐久性、素材や機能などもきちんと考慮して6年間にわたり飽きずに使用できるランドセルを選ぶと良いでしょう。

 

入学祝いに贈りたいランドセル

小学校に入学するとなるとさまざまな準備が必要となり、学習机を購入したり、文房具を揃えたりと忙しくなります。

そして学校生活で欠かせないものといえば、やはり教科書やノート、文房具を入れるランドセルの存在です。

入学祝いに贈る品物でもランドセルは代表的な存在です。

昔は男の子なら黒、女の子は赤というのが一般的でしたが、最近はカラーもとてもカラフルなものが出ています。

ピンクやオレンジなどもとても可愛いですが、6年間使っていくものですから、成長したときのことも考えて選んであげたいものです。

そして淡い色の場合は汚れも目立ちやすいので注意が必要です。

ランドセルは毎日たくさんの荷物を入れて背負っていくものですが、なるべく体に負担がなく快適に使えるものを選んであげたいものです。

できるだけ軽いほうが小さい体のお子さんには楽ですし、そして背負っていて、楽なように考えて作られているもの、背中の蒸れを防いであげることも考えないといけません。

それから、最近は驚くほど低価格で提供されている商品もありますが、子供は取り扱いも乱暴になりがちですし、長年使っていくことになりますから、できるだけ品質の良いもの、壊れにくいものを選んでおきたいものです。

それから雨の日などは濡れやすくなりますので、撥水加工もしっかりとされているかもチェックしておきたいところです。

じっくり比較して子供が学校に行くのが楽しくなる、勉強にやる気が出るような良いランドセルを選んであげたいものです。

 

ランドセルはやはり新品で

孫たち3人に、小学校の入学に際してプレゼントしたランドセルにまつわる経験談となります。

子供は一人だけしたが、その子供は、一人っ子であったことが寂しかったのでしょうか、結婚当初から子供は一人じゃない方がいいと言っていました。

最初に待望の男の子が生まれ、続いて2年後には女の子が生まれましたので、何となく理想的だなという感じがして、嬉しく思っていました。

子供の家庭はそれほど豊かではありませんでしたから、何かと経済的に面倒も見ていましたので、子供は二人で打ち止めだとも言っていたのですが、歳が少し離れてから、3番目ができた、どんな貧乏生活でもいいから育てたいと言ってきました。

生まれのは男の子でした。

その3番目の男の子のランドセルに関してのお話しとなります。

最初の男の子のときは、私どもおじいさんおばあさんもウキウキ気分でしたので、デパートに親子ともども連れて行き、どれでも好きなものを選んでいいよと奮発しました。

孫の親も、私たちの経済力をあてにして、それならとブランド物を選び、孫もとっても気に入ってくれました。

同じ色形で小振りのアクセサリーが付録でついていましたが、孫がじいじばあばの家で飾ってというので、これもとても嬉しくて、彼が中学になってからも飾ってあります。

次いで、2番目の女の子ですが、高級品を知っているのでしょうね。

私たちは2番目だから、普通のランドセルでいいだろうと思っていたのですが、お兄ちゃんと同じものがいいと、私たちが買ってあげると言う前から言ってきました。

もちろん、色は流行ということで、パステルカラーっぽい水色です。

これもアクセサリーがついていて、同じように今でも飾ってあります。

さて、3番目の子供がやがて小学校に入学するという冬のことです。

1番目の孫が、作文で「ぼくのランドセル」というのを書いて、学校で優秀作品として取り上げられたことから始まりました。

内容は、6年間も一緒に過ごしてきたこと、いろいろな思い出があること、大事にしてきたこと、これで離れるのが寂しいこと、何とか同じようにつき合えないか、というようなことで、小学生らしい気持ちがにじみ出ている良い作品でした。

結びのことばが、「弟が僕の次に6年間使ってくれると、いいな」となっていました。

弟はものにはこだわらない性格でしたので、この兄貴の作文が家で披露されると、「僕は兄貴のランドセルで学校へ行く」と宣言したのです。

兄貴は大喜びです。

両親も私たちにいつまでもおんぶするわけにも行かないという気持ちもあったのでしょうが、とても喜んで、3番目の子供には、「では、その代わり、何か好きな物を買ってあげることにしよう」といい、3番目の子供はランドセルよりも、サッカーのユニフォームとか、シューズの興味があったので、彼も大喜びです。

おまけに、近所の人とか、両親の友達とかが、3番目の顔を見ると、「偉いね」というから、完全に有頂天状態になってしまいました。

今思うと、私たちが、年の功で一言アドアイスをしておけばよかったのですが、長男の作文や気持ちを意識すると、それもありか、と思ってしまい。せいぜい途中で壊れたら、そのときに考えてあげればいいやと割り切ってしまい、むしろ、そうやって物を大切にすることもエコ社会ではいいことだくらいに思ってしまいました。

さて、3番目の孫が、いよいよ小学校に通いはじめたのですが、兄貴のものを背負っているという一体感などあったのでしょう、張り切って毎日小学校へ通っていました。

結構足が速く、リレーの選手に選ばれたなどと、自慢したり、相変わらずサッカー練習にも熱心に通っており、3番目特有の物おじしないところとか、逞しさもあって、何となく一番頼りになる存在かも知れないなどと思っていました。

ところが、ひょっとしたときに、「やっぱり新しいのがよかったなぁ」というつぶやきが聞こえてきたのです。

よく聞いてみると、お前のだけ古いとか、傷がついているとかという友達からの言葉なども気になったのでしょう。

兄貴の意を汲んで、それを誇りにしていると思っていたのですが、多少はそういう気持ちもなくはなかったのでしょうが、兄貴や親の気持ちに子供心にも応えなければいけないという、いじらしい気持ちもあって、「僕だって、新しいのがいいよ」と言い出せないままになってしまったようなのです。

このときは、すぐに行動しました。

両親に分けを話し、すぐデパートへ直行し、もう次の年度の小学生のために用意されているらしい売り場で、先の二人に劣らないブランド高級品の中から、好きな物を選ばせました。

子供には珍しい色のブラウンを選んだのですが、「それでいいの?」という念押しだけし、買い求めました。

3番目の孫の顔にはこれ以上ない満面の笑みがありました。

人の気持ちは分かりにくいというものの、そういえば自分自身も子供のころは家が豊かでなかったので、欲しいものも我慢していたことを思い出し、あらためて人の気持ちを大切にしようと自省しています。